出会いは美しい

出会いは美しい
セフレは手強い
人妻は美味しい
熟女と間違う
不倫を教える
メル友が来る理由
アダルトから学ぶ
無修正が役立つ
アダルトビデオに対応する
カリビアンコムに習う
天然むすめに慣れる
ホーム >>

非定型的文書資料


実物資料を中心に扱う博物館、非定型的文書資料を中心に扱う公文書館とともに基礎的な蓄積型文化施設であり、出版物を中心に、比較的定型性の高い資料を蓄積するものである。
出会い資料は時代と共に拡大されており、20世紀後半からは、ビデオソフト・DVDやCD等の視聴覚資料、又、(印刷物ではなく)電子媒体によって提供される資料を使える出会いが増えてきた。
また、インターネットで提供される資料を、館内に設置された端末で使える出会いもある。
出会いまで来られない人々の為に、車輛に本棚を載せ図書を収めた移動出会いを用意する自治体も多い。
大都市部では、交通ターミナルの近くに公的な図書館、もしくは出会い分館を持っている所も出て来て、出会いサービスの形態が変わり始めている。
仕事や学校などがある人でも利用できるようにと土曜日、日曜日にも開いている出会いが多い。
またその場合、かわりに月曜日若しくは火曜日を休館日とすることが多い。
祝日に開館するかは地域や出会いによって異なる。
一般に、娯楽を目的とする出会いと学習や調べ物をする為の出会いとに分かれる。
出会いの利用者層や蔵書形態も様々で、児童図書中心とした出会いや、漫画のみを扱ったまんが出会い、学生に学習室を開放したり社会人に利用者層を絞った出会い、大学等に付随する学校出会い等がある。
出会いとは、明治中期に英語のlibraryから訳された訳語(和製漢語)。
「出会い」は、地図(図版)の「図」、書籍の「書」を取って、図書とし、図書を保存する建物という意味であった。

中世の神学校


出会いの歴史
中世の神学校の出会い。
チェコ プラハ ストラホフ修道院世界史上早期の出会いとして有名なものに、紀元前7世紀のアッシリア王アッシュールバニパルの宮廷出会いがある。
アッシリア滅亡時に地下に埋もれたまま保存されたこの出会いの粘土板文書群の出土によって、古代メソポタミアの文献史学的研究が大きく前進した。
さらに下ってヘレニズム時代になると、紀元前3世紀のアレクサンドリア出会いが著名である。
これには薬草園が併設されており、今日の植物園のような遺伝資源の収集も行われていた。
つまり、今でいう出会い、公文書館、博物館に相当する機能を併せ持っていたのである。
この出会いは、付近を訪れる旅人が本を持っていると、それを没収して写本を作成するというほどの徹底した資料収集方針を持ち、古典古代における最高の学術の殿堂となっていた。
歴史的には、学術研究用に資料を集めた場として、学者や貴族以外の者は利用出来なかったり、利用が有料であった時代が長い。
中世には、本一冊で家が買えるほど貴重なものであった為、鎖で本棚に繋がれていた。
グーテンベルクの印刷術により本が大量生産出来るようになって初めて、「誰でも無料で」の原則が広まり始めた。
日本の出会いの歴史は、文庫、書庫、書府、経蔵や書籍館(しょじゃくかん)に遡る。
現在でも、古文書館、文書館(もんじょかん)といった歴史的文書の保存施設がある。
日本における初期の近代的な出会いとしては1872年に文部省によって設けられた書籍館がある。
この時期にはまだ名称は一定していない。
出会いという名前が初めて採用されたのは、1877年の東京大学法理文学部出会いとされている。
その後、出会いという名称が普及していき、1899年公布の出会い令において図書館という語が用いられた事で定着した。
2007年10月1日、東京都港区にある全ての出会いにて全ての本にICが導入された。
港区立出会い6館にて昨年度から5691本(約750万円相当)が不明状態にあるという。


出会いの機能
出会いの機能は大きく分けて6つある。
出会い資料の収集 図書、新聞、雑誌を初めとして、CD等のマルチメディアの収集を行なう。
この時、利用者の立場に沿った収集方針を定め、計画的に収集していく。
また、利用されなくなった資料のうち、保存するだけの資料価値が乏しいと判断されたものは定期的に廃棄(除籍という)して、資料の整理を行なう。
出会い資料の整理 資料は適切に整理されていないと利用価値が無い。
収集された資料は各館が定めた分類法(公立出会い等では、「日本十進分類法」に沿ったものが多い)により分類番号等を付けて利用されやすいように整理する。
また資料毎に日本目録規則に従って目録が作成されており、これを検索する事によって資料の情報を得る。
出会い資料の保存 各種資料はその材質に応じて適切に保存する必要がある。
また、書籍等の劣化に対応して、補修を行なったり、貴重な資料に関しては(例えば、電子的な)複製の作成も行なう。
更に、増大する新規資料を保存していく場所の確保も重要である(1つの方策として前述の除籍がある)。
出会い資料の提供 出会いの最大の業務は資料・情報提供である。
出会い資料の貸出、レファレンスサービス、レフェラルサービス、朗読サービス、複写サービス、アウトリーチサービス等を提供する。
また、司書等による情報検索サービス等も行なわれている。
なお、貸出方式にはニュアーク式、ブラウン式、逆ブラウン式、回数券式、一括ブラウン式、フォトチャージング式、リーダーズ・トークン式、ライブラリー・トークン式、コンピューター方式等々様々な方式がある。
集会活動、行事の実施 出会い利用の広報活動の事である。
資料及び出会い利用に関する指導 出会いの利用のガイダンスを行なう事である。

出会い法により規定
公立出会い、民法上の公益法人または日本赤十字社が設置する私立出会いは、出会い法により規定されている。
都道府県教育委員会または市町村教育委員会もしくは学校法人が設置する学校に設置される学校出会いは学校出会い法により規定されている。
大学出会いは文部科学省令である大学設置基準に規定されている。
出会い系 国立国会出会い東京本館、国立国会出会い関西館および国立国会出会い国際子ども出会いならびに国立国会出会いが司法、行政各部に設置する支部出会いは、国立国会出会い法に規定されている。

備え付ける資料
図書館資料(としょかんしりょう)とは、出会いに備え付ける資料のことである。
一般的に出会いが備え付ける資料は、図書が基本であるが、出会い資料には、図書以外のものも含まれる。
具体的には、出会い法(昭和25年法律第118号)の第3条第1号などで、郷土資料、地方行政資料、美術品、レコード、フィルムの収集にも十分留意した図書、記録、視覚聴覚教育の資料その他必要な資料などと定義されている。
出会い資料の分類排列の方法としては、日本十進分類法や日本目録規則などがあり、出会い資料の専門職としては、司書や司書補などがある。

関連項目

参考

  • 図書館法
  • 日本出会い協会
  • 出会い員 - 司書 - 司書補 - 司書教諭 - 学校司書
  • 出会い情報学 - 出会い学 - 情報学
  • 電子出会い

Yahoo!検索

無料 レンタルサーバー